こんなにある病院でのお仕事

看護師の仕事は、病院や病棟によって様々。
そこで働く人もまた様々です。
あなたはどんな場所でどんな人達と仕事をしたいですか?
見ただけじゃわからない看護師の世界。でもそんなあなたにこのサイトではみちしるべを用意しました!
看護師達の本音や実際あったことを、ぜひこの機会にのぞいてみましょう♪
女性 30代
整形外科2年、産婦人科1年、内科1年

病棟勤務がオススメ

仕事内容は、患者様の情報収集、配薬、バイタルサイン測定、点滴管理、食事介助、清拭・陰部洗浄・入浴介助などの清潔援助、診察・回診・包帯交換等医師の介助、カンファレンスです。
また、患者様とのコミュニケーションを図り退院後のケアを考えることも仕事です。夜勤時は、夜の見回り等もあります。
給料は、手取りで月20万円程度、それ以外に通勤手当等もつきます。夜勤手当が約1万円でした。病院にもよりますが、私は夜勤を月3〜4回くらいしていました。
勤務時間は、日勤8:30〜17:15、夜勤16:30〜9:30の2交代制。病院によっては3交代制で準夜勤などがあるところもあるみたいです。
病棟は、患者様との信頼関係も築けるので、とてもやりがいのある仕事だと思います。ゆったり患者様と向き合い看護をしたい方は、病棟勤務がオススメです。

外来は忙しい

外来患者様のバイタルサイン測定、医師の診察の介助、点滴管理など。病棟勤務に比べると、バタバタで忙しいと思います。

手術室は特殊

直接介助、外回りに分かれて手術での医師の介助を行います。手術前には病棟で入院中の患者様を訪問し、手術の説明をしたり、患者様の不安などを取り除くよう努めます。
特殊な部署なので、慣れるまでが大変ですが、慣れるとやりがいのある仕事だと思います。

術前後の管理を行うICU

術後の患者様のバイタルサインやインアウトなどの管理を行います。
午前中は、その日手術でICUに入る患者様のベッドの準備や情報収集、手術の翌日で落ち着いた患者様を病棟に戻したりします。
午後からは、術後の患者様の受け入れ等を行います。
術前後には病棟の患者様を訪問し、術前後のICUでの過ごし方等説明や、顔を覚えてもらい、患者様の不安を取り除くことに努めます。

透析もあります

透析機械の準備、患者様のバイタルサイン測定、体重管理、医師の針刺時の介助、シャント管理、止血の介助など。

↑ PAGE TOP